ザイザルで鼻のムズムズを止める!

ザイザルと鼻がムズムズする男性

ザイザルは日本人の多くがかかっている花粉症に効くお薬です。花粉症が重症の人は鼻づまりやくしゃみなど日常生活がままならないほどひどくなる悩ましい症状です。花粉症を治すためにザイザルというお薬を紹介します。

ザイザル服用と眠気の関係

冬場から春にかけてくると花粉が舞う季節になってきますので、花粉症の人にとっては非常に嫌な季節になります。特に、最近の花粉症の人は道路にまっているアスファルトの粉塵と花粉がくっつくことによって、人が呼吸をすることで人体に入ってきてそれが原因でアレルギーを発症して花粉症につながるかたちになります。花粉症になると、毎日鼻水が止まらなかったり、さらには目がかゆかったり、中にはくしゃみが止まらなくなる人も多くいるため、非常に危険な状況が続いていきます。このようになってくると、非常に危険な状況にあるため多くの人にとっては早く花粉症を治したいと思う人がどんどんと増えてきます。そのような状況の中で、現在では耳鼻科などにいくと医師から花粉症のお薬が処方されるようになるのですが、その中にはザイザルと呼ばれるお薬を処方してくれるお医者さんも多くいます。ザイザルは、グラクソ・スミスクライン社製の抗ヒスタミン薬で花粉症などのアレルギーの発症を防いでくれる効果があります。ザイザルを服用することによってよく眠くなる人がいますが、これは、ザイザルに含まれる体の抗体を高める効果があるのですが、体の抗体を高めるためには人は休息することが一番効率的であるため、その効果を発揮するために眠気が現れてきます。よく仕事をしていてお昼時間に花粉症のお薬を飲んだあとにはすごく眠くなってしまうことがあるのですが、眠気については体が眠って休息をとることでどんどんと治療をしていこうという効果があるため、本来であればお薬を飲んでからすぐに眠りにつくのが一番の効果になります。しかし、仕事をしていてはなかなか眠ることもできないため、お薬を飲んでから仮眠をとるなどしてしっかりと対応しておく必要があります。

ザイザルとアルコールの併用は大丈夫?

ザイザルは花粉症によるアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎といった症状を抑えるために用いられる治療薬で、従来の抗ヒスタミン薬のような副作用が少なく、使いやすいという点から病院で良く処方されています。第二世代の抗ヒスタミン薬の中では薬の強さが顕著で、アレルギーに対して有効であるため、若干の副作用は見られますが市販薬よりもしっかり抑えることができるため、花粉に苦しめられている患者は病院での処方を望んでいることも多いようです。この時に、アルコールとの併用ができるかどうかを良く質問することが多いようですが、これはザイザルを服用する時間帯に関係しているようです。ザイザルの投与は基本的に就寝前となっていて、成人では1日1回5mgを経口投与し、症状によって10mgまで適宜増減するとしています。この寝る前というのがポイントで、副作用による眠気が襲ってきたとしても、寝る前であれば関係ないことが強みとなっています。しかし、お酒が好きな人は寝酒として薬を飲む前にある程度のアルコールを摂取することもあります。大抵の薬はアルコールとの相性が悪く、相乗効果によって血中濃度を上昇させることもあるので、基本は水かぬるま湯によって飲むように決められています。食前や食後であれば、アルコールを避けて飲むということも可能ですが、通常のタイミングとは異なると簡単にはいきません。就寝前であれば尚のことですが、ザイザルとアルコールの併用は注意しなくてはいけません。添付文書にも書かれていますが、中枢神経系に影響を与える可能性があるとされるので、アルコールと一緒に飲むことはおすすめできません。ただし、時間をずらして飲む分には問題ないので、食事や食後までお酒を飲み、就寝前はザイザルを服用するなどタイミングを選んで使用しましょう。

ザイザルと他の薬の併用は可能?

ザイザルは、抗アレルギー薬に分類されます。ザイザルと他の薬剤との併用についてですが、絶対一緒に服用してはいけない種類の薬剤、いわゆる併用禁忌と呼ばれている薬剤はありません。併用注意という、注意して使用すれば併用は可能である薬剤は、様々で、それについてお伝えします。まず、テオフィリンという薬剤についてですが、これは、主に、気管支喘息の治療薬として使用されるもので、ザイザルと一緒に服用することで、ザイザル自体のクリアランスが10%低下する、とされています。クリアランスとは、腎臓からどれだけ薬物が排泄されるかを示す指標になりますが、クリアランスが低下するということは、それだけ薬物が外に排泄されにくく、血中濃度が上昇してしまう、ということになり、副作用が起こりやすくなるということです。また、リトナビルというHIV感染症治療薬との併用についてですが、リトナビルがザイザルの腎排泄を阻害すると考えられ、ザイザルの血中濃度を上げる可能性がある、とされています。ピルジカイニド塩酸塩水和物と呼ばれる、抗不整脈薬との併用については、一緒に服用することで、両方の薬剤の血中濃度が上昇した、という報告があり、注意が必要です。その他には、中枢神経抑制剤と併用した場合は、中枢神経抑制作用が増強される可能性があり、これについても注意が必要です。ザイザルは、その併用に注意しながら、使用することは可能です。しかし、併用注意であるからといって、全く危険性が無いわけではありません。患者の方の個人差もありますし、その時の体調などによっても、薬剤の効果が強く現れてしまうことも考えられます。薬剤を併用する場合は、十分に注意しながら、使用することが必要です。